ソニー生命について

◆ソニー生命

<会社名>
ソニー生命保険株式会社

<ホームページ>
http://www.sonylife.co.jp/

<概要>
大手電子機器メーカー「ソニー」のグループ会社。
ソニー銀行、ソニー損保とともに2004年に系列となる。
死亡保障商品が充実しており、契約数を伸ばしている。

<死亡保険>

◎平準定期保険
一般的な定期保険。
「掛け捨て」タイプで、保険料が割安。
特約を選択することで、保障の形自分で組み立てられる。
喫煙リスク区分型もあり、非喫煙者は保険料率が優遇される。

◎無解約返戻金型平準定期保険
解約返戻金がなく、そのぶん保険料は割安に設定されている。

◎逓増定期保険(低解約返戻金型)
前期期間を経過後、保険金額が逓増する。
解約返戻金を抑制し、保険料を割安に設定。。

◎長期平準定期保険(障害保障型)
大型保障で企業経営をバックアップ。
退職慰労金の財源確保に利用できる。
特定障害状態の保障あり。

◎逓減定期保険
必要最小限の死亡・高度障害の保障だけを追求した掛け捨て保険。
期間の経過とともに保障額が逓減する。
喫煙リスク区分型もあり、非喫煙者は保険料率が優遇される。

◎家族収入保険
遺族の生活を守る年金型保険。
喫煙リスク区分型もあり、非喫煙者は保険料率が優遇される。

◎変額保険(終身型)
運用実績に応じて受け取る保険金がかわる商品。
一生涯にわたり、死亡・高度障害に対する保障が得られる終身型。

◎変額保険(有期型)
運用実績に応じて受け取る保険金がかわる商品。
満期時に満期保険金が給付される。
ただし、満期保険金額には最低保証がないため、基本保険金額を下回ることがある。

◎変額保険(定期型)
運用実績に応じて受け取る保険金がかわる商品。
死亡・高度障害について、保障を必要とする一定期間について、最低保障を確保できる。

<医療保険>

◎総合医療保険
一般的な入院保険。
病気、ケガによる入院・手術を保障する。
1回の入院あたりの支払限度を選択することで、保険料の調整ができる。

◎長期総合医療保険
病気、ケガによる入院・手術を保障する。
特に、長期入院に対応したプラン。

◎低解約返戻金特則付総合医療保険
保障内容は、ごく一般的な入院保険。
病気、ケガによる入院・手術を保障する。
ただし、保険料払込期間中の解約返戻金がない。
そのぶん保険料は割安に設定されている。

◎リビングベネフィット(生前給付保険)
一般的な死亡保険の内容に加えて、
三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になった時に、一括で保険金を給付する。

◎三大疾病収入保障保険
三大疾病になった時に、保険金を年金にして給付する。

◎がん入院保険
がんが理由での「入院」時に給付する。
一生涯にわたり(死亡時まで)保障が続く終身契約。

◎終身がん保険
がんが理由での「入院」「手術」「死亡」時に給付する。
一生涯にわたり(死亡時まで)保障が続く終身契約。
在宅療養についても保障される。
がん保険の中では最も保障が厚い。

<生存保険>

◎積立利率変動型終身保険
ファンドの運用実績に基づき、保険金額が変動(増減)することがある。

◎修正払込終身保険
ファンドの運用実績に基づき、保険金額が変動(増減)することがある。
比較的、保険料が割安に設定されている。

◎終身保険(無選択型)
健康状態にかかわらず加入できる。
ファンドの運用実績に基づき、保険金額が変動(増減)することがある。

◎養老保険
貯蓄と保障の両方を兼ね備えた商品。

◎5年ごと利差配当付 養老保険
貯蓄と保障の両方を兼ね備えた商品。
5年ごとに契約者配当金が給付される。

◎5年ごと利差配当付 終身介護保障保険
所定の要介護状態になったとき、収入が確保できる。
契約時に一括して支払うタイプもあり、払込総額が割安になる。
個人年金からの変更も可能。

◎5年ごと利差配当付 生活保障保険(連生型)
夫婦など2人での契約で、片方が死亡したととしても、もう一方の受取人が生存している限り、終生年金が給付される。

◎5年ごと利差配当付 個人年金保険
老後の資金として積み立てた資金を、年金として受け取る。
介護年金に変更することが可能。

◎変額個人年金
運用実績に応じて、受け取る年金額が増減する商品。
年金支払開始前に死亡した時は、死亡給付金が給付される。
契約時に一括して支払うタイプもあり、払込総額が割安になる。

◎5年ごと利差配当付 学資保険
貯蓄性を重視した商品。
5年ごとに配当があり、教育資金を効率的に準備できる。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008