主人の生命保険の体験談 について

"私の主人は日本生命に加入していました。
主人の会社に営業で回って来たので、来てくれて便利だと契約したそうです。
その後主人が転職した為、近くの支店の担当者が家まで来ることになったのですが、電話も特になく、平日の6時頃急に現れたりするので主人がいなくて困ることが何度もありました。
その後主人が入院することになり、入院保険が降りるのかと思って支店に電話したところ、その担当者が辞めてしまっていました。
折り返し電話を頼んで二日経っても返事が来ないのでこちらから電話してみたのですが、誰にも伝わっていなかったようです。
しかもよく確認したら入院保険は五日以上六日目から、医師の診断書が必要と言われ、診断書を発行してもらうのに5千円かかってしまいました。
主人の入院は7日だったので二日間分しか保険料は降りませんが、それでも貰える分があるのならと思い、書類を送りました。
ところがそれから三日経っても何も言って来ないのでまた電話をしたところ、印鑑がシャチハタなので受理できずに保留になっている、とのことでした。
その手際の悪さに呆れてからすぐに保険の更新の時期になり、保険料が値上がりするとのことで、迷わず解約することにしました。
保険はいざという時にどのタイミングで保険料を貰えるのかをよく確認しておくこと、また担当者が信頼のおける人であることが一番だと思いました。"

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008