死亡保障の見直しは、見積もり必須ですについて

"私の場合、保険の外交員している友人がいたことで、幸運にもとても親身な相談ができたと思います。

当初、生命保険に加入を決めたときには、経済的に理由から、月々の掛け金が10000円程度しか用意できませんでした。そのため、相対的に死亡保障を小さくするしかなく、必要最低限として500万円の保険に加入していました。

その後数年、結婚して家族が増えたことを考えると、これじゃ少なすぎるなと思い、ちょうど、そんな時保険の仕事をしている友人と再開する機会があって、見直しを依頼したんです。

希望では、定期ではなく、終身で、死亡保障が2000万くらいのものがあれば、と思っていましたが、これだと、毎月の保険料が20000円くらいになり、我が家の経済状況ではきついです。

それを伝えると、保険外交員でもある友人は、定期で、死亡保障2000万を進めてくれました。家内とも相談してみて、これなら、考えている範囲内だということで、その保険に加入しました。
"

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008