大手がいいとは限らない、保険は家族に合わせて選ぶのがいいについて

"OLしていた頃に、大手保険会社の生保レディーの人が会社にやってきて「病気になったときのために入っておいたほうが言い。」と進めるので、深く考えずに加入していました。

結婚したときも、同じ人似訪問を受けて「だんなさんもどう?」とすすめられ、これも、「そういうものだよね。」という程度の感覚で加入しました。このときは、ワンランク上のものにしました。

それから、家を買って、仕事を辞めて専業主婦になってみると、この、保険料が意外と家計を圧迫していることに気づきました。入ったきり、まったくと言っていいほど利用していないから、なおさらです。病気をしないのに、入院保障が大きい保険はもったいない気になったのです。

そんな時、テレビの保険特集や、ダイレクトメールなどで、県民共済のことを知りました。パンフレットを見てみると、充分なkんじでしたし、掛け金が安野が魅力でした。家のローンについては、住宅の保険に入っているから、万が一のときでも補填ができるらしいことも知りました。

我が家の一番の出費は住宅費、これが無ければ、そんなに高い保険手必要ないと思う、と夫に持ちかけたところ、賛成してくれ、すぐ、県民共済の担当者へ電話をしました。

掛け捨てだけど割戻しがあるので、実質の保険料は更に下がります。保険料が下がった分、貯蓄に余裕が出来たので、しばらくは、これで行きます。
"

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008